PS2の改造コードを調べてます。
注意事項
当ブログではPlayStation2、Wiiの改造コードをメインとしています。
PlayStation2の改造コードを使用するには
XT(エックスターミネーター)
PAR(プロアクションリプレイ)
などが必要です。なお当方のコードはXP(XT)で復号化した状態でのみ動作確認を行っています。
オンラインではコードを絶対に使用しないでください。
コード使用によって生じた損害等に当方は一切責任を持ちませんので
各自の責任の元で行ってください。
転載は禁止です。
リンクはご自由にどうぞ。

人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】
コード更新履歴


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モンスターハンターポータブル 3rd体験版は
コードフリークで改造を行っています。

コードフリークにはトレーナー機能が備わっていて
サーチを行ったり
スクリーンショットを撮ることができます。

ところがMHP3体験版では
コードを有効にしてトレーナー機能を使用すると
コードが反映されなくなります。

つまり
コードを有効にした状態でスクリーンショットを
撮ることができません。
短いコードならトレーナー上で手入力が可能ですけどね。

そんなわけで今回は
PCでキャプチャーしました。
スクリーンショットに比べるとやはり劣化していますね。

さて今回は
モンスターのHP表示を調べていたのですが
モンスター名がまったく収録されていません^^;
いやーまいりましたね。

ほかにも
選択キャラ(装備)によって
一部プログラムが変わったりするので
あまり調べても
製品版ではあらためて1からはサーチ
なんてことになる場合もありえます。

これでは
体験版をサーチする
モチベーションはあがらないですね。

いろいろと削ってあるのに
なぜか使用禁止用語は収録されています。
たとえば・・・
て書けるわけありません。
興味ある方はみてみるとおもしろいかもしれませんよ。
mhp3rdt_005.jpg
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。